本文へ移動

文字の大きさ 背景色 ふりがなをつける よみあげる

沿革

楽山会は、鈴木平三郎(元三鷹市長)によって創設されました。名称由来は、論語の一部より、
『知者は快活なる水を得ることを楽しみ、仁者は安閑なる山をみることを楽しむ』
のうちより命名し、昭和47年12月発足しました。

論語写真 鈴木平三郎氏写真
鈴木平三郎  
 
 

沿革

昭和47年12月 社会福祉法人楽山会として認可。
昭和48年 4月 椎の実子供の家開設。
平成 6年 4月 三鷹市より平成8年度に特別養護老人ホームを開設につき楽山会へ 業務委託協議。
平成 7年12月 三鷹市立特別養護老人ホーム・三鷹市高齢者センター条例にて、両施設名を「どんぐり山」に決定。
平成 8年 4月 三鷹市立特別養護老人ホーム・三鷹市高齢者センター「どんぐり山」開設。
平成12年 4月 三鷹市立どんぐり山在宅介護支援センター開設。
平成12年 4月 どんぐり山居宅介護支援事業所開設。
平成18年 3月 三鷹市立特別養護老人ホーム・三鷹市高齢者センター「どんぐり山」の指定管理者として指定される。
平成19年 3月 三鷹市立どんぐり山在宅介護支援センター廃止。
平成19年 4月 どんぐり山地域包括支援センター開設。
平成24年 4月 三鷹市大沢地域包括支援センターに名称変更。
平成24年4月 第二椎の実子供の家開設。
平成31年3月 三鷹市立特別養護老人ホーム・三鷹市高齢者センター「どんぐり山」の指定管理終了。
どんぐり山居宅介護支援事業所廃止。

 

高射砲陣地が語る